何を注意するべきか|アイピルがあれば、急な状況にもすぐに対応できるようになります

アイピルがあれば、急な状況にもすぐに対応できるようになります

何を注意するべきか

カプセル

便利なアイピルには、飲み方において注意点が実はあります。

アイピルはたった1回で避妊することができる最強のアフターピルですが、もし服用したあとに吐いてしまうようなことがあれば注意してください。
実際に3時間経ってない場合はアイピルの成分がちゃんと吸収されずに、ちゃんとした効果が得られない場合があったりします。
もし3時間経ってないときはもう一度同じようにアイピルを飲まないといけませんので、十分気をつけてください。

そして吐くかどうか心配だという人は、市販されている酔い止めも一緒に使っていくことをおすすめします。
酔い止めと併用すれば吐き気が緩和される可能性があります。
もちろんアイピルとの飲み合わせも問題なしなので、安心して試してほしいと思います。
飲み合わせとして特別注意しなければいけない薬は市販薬においてありませんので、たとえば風邪薬や目薬などの薬とも併用できるようになっています。

ちなみに他の記事でも話しましたが、アフターピルには2回飲むタイプのものもあるので、間違えて2回飲んでしまうと非常に危険な状況になります。
勘違いしてつい2錠飲んでしまったという人は、すぐに病院へ行くようにしてください。
もちろん自分の意思で妊娠を徹底的に避けるために勝手に量を増やして飲むことも返って危険な状態に陥ることになります。
アイピルの場合はたった1錠だけでも強烈な効果をもたらすので、決められた飲み方をしていれば大丈夫です。
正しく飲んでおけば95%の確率で避妊できるといわれているので、絶対に自己判断で飲み方を変えたりしないようにしましょう。